妊娠準備 サプリ

妊娠準備に知っておいたほうがいいお金の事って?
Line

妊娠準備に知っておいたほうがいいお金の事について


ここでは、妊娠準備に知っておいたほうがいいお金の事について、書いています。

妊娠、出産で、かなりのお金が必要になるのは、皆さんご存知だと思います。

ある程度準備をしていても、かなりの出費に驚く人も結構います。

そこで、妊娠、出産のお金の事について書いていきますので、よかったら参考にしてみて下さい。



Line

妊娠準備に知っておいたほうがいいお金の事って?


妊娠準備に知っておいたほうがいいお金の事ってどういったことがあるのかというと、

・妊婦健康診査費用助成
・出産育児一時金


などがあります。

今回はこの2点について説明していきます。



Line

妊娠健康診査費用助成について


妊娠すると、出産まで定期的に検診を受けなければいけません。

その回数は、約15回ほど。

内診や血液検査など、さまざまな検査を受けていきます。

病院によって料金は異なりますが、1回につき5000円から1万円ほどかかります。

これが15回となると、かなりの出費ですよね。

しかし、自治体から妊娠健康診査費用助成を受けることができるんです。

これを使うことにより、毎回の検診代の負担をかなり減るんです。

この助成の金額は自治体によっても異なるのですが、検診代が0円になることも。

ですので、ほとんどが公費負担で検診を受けることができます。

どのくらいの助成が出るかは、お住まいの自治体に問い合わせ、確認してみてください。



Line

出産育児一時金について


出産するとき、病院によっても異なりますが、かなりの費用が掛かります。

その額は全国平均で約48万円です。

すごい額ですよね。

だけど、健康保険より出産育児一時金が支給されるんです。

赤ちゃん一人につき、42万円の支給があります。

そのため、病院に対して数万円だけ支払うだけでいいって事がほとんどなんです。

稀に、支給額の方が上回り、余った分が自分の手元に支払われるということも。

個人病院になると、結構費用が高かったりします。

ですので、費用を抑えたいのであれば、最初に行きやすい病院をピックアップし、費用がどの位掛かるか聞いておくといいでしょう。



Line

妊娠準備に知っておいたほうがいいお金の事のまとめ


妊娠すると、結構お金がかかると思いがちですが、自治体や保険からの支給で、かなり費用を抑えることができます。

これはすごく助かります。

だから、病院に関してはそこまでお金がかからないと思っておいてもいいかもしれません。

しかし、それ以外では結構かかります。

赤ちゃんの服やオムツなど、必要なものは沢山あります。

ですので、ある程度のお金は貯めておいたほうがいいでしょう。

Line